本文へ移動
有限会社アットホーム
〒690-0332
島根県松江市鹿島町佐陀本郷
1513番地1
TEL.0852-82-9230
FAX.0852-82-9152

新築
建て替え
リフォーム
建設業許可番号
島根県知事 許可(般-29)第8033号
一級建築士事務所登録番号
島根県知事登録(4)10421

ブログ アットホームダイアリー

RSS(別ウィンドウで開きます) 

I様宅地鎮祭

2013-05-23
ただ今準備中です
厳かに~始まりました
「えいえいえい」と鍬入れ
こんにちは。中村(清)です。
 
今日はI様宅の地鎮祭でした。
 
初めてI様とお会いしてから丸3年が経ちました。
 
何度か見学会に熱心に来場いただきましたが
 
家づくりの話はなかなか前に進みませんでした。
 
ところが今年に入ってすぐから話がとんとんとすすみ
 
今日の日を迎えた訳です。
 
この先安全に気を配り、安心の家づくりを
 
アットホーム一同をはじめとして
 
大工さんや業者さんと一緒にさせていただきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

判子一つで・・・

2013-03-08
こんにちは、中村(俊)です。
 
 
現在社内はくしゃみのオンパレードで
 
大変やかましいことになっております。
 
皆さんは花粉症、大丈夫ですか?
 
 
今年はpm2.5の影響もあり
 
例年より早く花粉症の症状が出るそうです。
 
マスクの着用など
 
対策することをおすすめします。
 
 
さて、 N様、融資の本審査が通りました。
 
おめでとうございます!!
 
 
いろいろとご迷惑をおかけしました。
 
 
融資の申し込みって面倒ですよね。
 
判子が薄いといわれ
 
押しなおして再提出したら、
 
今度は濃すぎといわれ・・・。
 
 
 まあ大切な書類なので仕方ないと言われればそれまでですが・・・。
 
 
審査が通り一安心ですが、
 
この先さらに大変な打ち合わせが
 
たくさん待ち受けています。
 
 
ぜひぜひめげずに頑張っていきましょう!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

確定申告の時期がやってまいりました!

2013-03-02
こんにちは、中村(俊)です。
 
 
段々暖かくなり、ぼちぼち花粉も気になる今日この頃ですが・・・。
 
 
さて、3月といえば確定申告の時期です。
 
アットホームにも何件か問い合わせがあり
 
書類を作成させていただきました。
 
 
皆様はご存知でしょうか?
 
住宅ローン減税を受けようとされる場合、
 
初年度はご自分で申告していただく必要があります。
 
 
所得税あるいは住民税を上限に
 
住宅ローン残高の1%が返ってきますよ!!
 
 
お忘れの方はお急ぎ下さい!
 
くにびきメッセのいちば~ん奥の部屋ですよ~
 
 
必要書類など分からないことがあれば
 
アットホームまでお尋ね下さい。
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

消費税増税

2013-03-20
 
こんにちは、遠藤です。
 
予想はされていたことですが
 
消費税増税前の建築ラッシュが始まっています。
 
いつまでに工事しないと増税なの?といわれる方のために
簡単に説明します。
 
 
まず今年9月までに契約いただいた物件は5%。
 
来年3月31日までに完工した物件は5%になります。
 
それ以後は随時増税されて行きます。
 
表を添付しておきますので細かくはそちらで確認して下さい。
 
 
3月末までならまだ時間があるはとは思わないで下さい。
 
今私たち業界はとてもいそがしい状態になりつつあります。
 
そのため、お客様に工事の順番を
待っていただくことにもなりかねません。
 
家の新築、リフォームをお考えの方は早めの決断が必要になってきました。
 
わたくし達でお力になれることでしたらご相談ください。
 
ここだけの話、相談だけならタダですよ。
 
 
 
 
 
 
 

「伝説の営業マン」のセミナーに参加しました。

2013-03-12
こんにちは 美見(よしみ)です。
 
先週、伝説の営業マン田中敏則氏のセミナーを聞いてきました。
 
2カ月で1棟売れれば一流の営業マンと言われる住宅業界で、28年間で1000棟以上
 
販売された方です。つまり、月に3棟販売したことになります。
 
一般の営業マンの200年分だそうです。ただ入社後4ヶ月は売上0でしたが・・・
 
顧客の家に何時でも行ける様に、休日でもスーツ着用、クレームを受ければ家族の温泉旅行先
 
からでも駆けつける。自分が売った住宅の建築現場近くを通りかかった時のために
 
車に「七つ道具」を備え、お客様がいつ来られてもいい様に
 
掃除するほうきとちりとり、スコップ、スリッパ、巻尺など、
 
又、作業中の職人に渡すドリンクとタオルを用意したそうです。
 
そして、10年目以降は100%が紹介だそうです。
 
「気配り」はだれでも出来るが、「心配り」のできる人は少ない。
 
「ノルマや収入ではなく、お客様のことを考えて」と助言。
 
体を使うハードワーク、頭を使うヘッドワークから
 
心と心の結びつき「ハートワーク」の時代になったと説明がありました。
 
私も同年代を生きた同じ業種の人間として、心を打つものがありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る